「情熱の赤を基調としたスペインバル【バルマルエスパーニャ】」(飲食店の先味・中味・後味)

赤を基調としたとても目立つお店。
スペインの代表的なカヴァを飲みながら、ピンチョス、魚介のアヒージョ、はちの巣の煮込み、牛肉のステーキ、パエリア(プレーンなアロス・ア・バンダ)を食べる。
人気商品のパエリアは生米から炊き上げるので30分ほどで登場。
写真(プレーンなアロス・ア・バンダ)
DSC_1110
パエリアはお米に芯が残った炊き上がりで、食感が良く、スープがしっかりとしみ込んでいた。
一緒に添えられたアリオリソース(ニンニクマヨネーズ)を使いながら食べると、違った味に変わって食べやすかった。
赤で統一された店内の居心地は最高でした。
お客様は30代のカップルが7割でした。

・佐野の視点
目立つ外観はとても良いです。
お客様をお迎えする「いらっしゃいませ」と男性スタッフの案内はとてもスムーズでした。
ホールスタッフの料理説明は丁寧でわかりやすかった。
中間サービスなどの気遣いも出来ており、スタッフは楽しく働いていました。
ホールスタッフがお店の外に出て「ありがとうございました」のお見送りには好感がもてました。

・バルマルエスバーニャ銀座7丁目店
東京都中央区銀座7-3-13

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

・写真(店舗外観)
DSC_1095

佐野清勝

佐野清勝飲食業コンサルタント

投稿者プロフィール

◆現場主義のコンサルタント
・飲食店繁盛のキーワードは【先味、中味、後味】。
・具体性のないコンサルティングではなく、現場に密着したコンサルティングをすることで、お店の課題、会社の課題に応じた、的確なアドバイスをします。
・双方向のコミュニケーションをしつこくしながらアドバイスをします。
・時には、厳しいことを言いますがご容赦ください。

◆モットー
・コンサルティングをしている経験値で、うわべだけで聴いている人は80%、頭に知識を詰め込む人は15%、心に落とし込んで具体的に行動する人は5%です。
その中で、具体的に行動を習慣化できる人を応援し、成功させたい。

◆得意分野は
・現場のホールサービス改善コンサルティング
・現場に密着した再生支援コンサルティング 
・企画から開業までをコーディネーターする新規開業コンサルティング 
・働く人の定着率がアップする、人事制度の構築と運用コンサルティング
・密着顧問コンサルティング

◆将来の夢
・飲食業界の社会的地位の向上を図ることです。
他業種と比べ下にみられることが多いので、業界全体のレベルアップを図り、いずれは金融業界などと同等の社会的地位にしていきたいです。
そのためにも飲食業界に携わる個々の意識改革を行っていきたいです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

最近の投稿

初回相談無料

初回の相談に限り無料相談を承ります。お気軽にお問い合わせください。

ページ上部へ戻る